商用車 自動車保険

MENU

商用車の自動車保険について

一般的に商用車といえば、ビジネスに使用する車のことをさします。

 

小売りの自営業なら、酒屋さんなどが配達に使うバンが商用車です。同じ配達でも、長距離輸送の大型トラックや、冷蔵や冷凍機能を搭載した宅配便等の小型荷送車もあります。

 

また、工事現場で活躍するコンクリートミキサーやダンプカーも商用車です。

 

所有の所在によって、自家用もあれば法人の営業用もあります。商用車の自動車保険の保険料額は、乗用車と異なるのでしょうか。

 

保険料は、どの車両料率クラスに区分されるかに基づいて設定額が変わってきます。

 

車両料率クラスは、性能や装備、車の構造から9種の型式に分類され、さまざまな場合の損害率を割り出し、型式によって異なる損害率の差を保険料に組み込み、保険料が公平になるような仕組みになっているのです。

 

装備されている安全装置によっては、保険料の割引対象となります。任意の自動車保険に加入する際に注意しなければならないのは、概算や相場の保険料額はあまり目安にならないということです。

 

商用車の自動車保険には年齢制限がつかないので、年齢によっては乗用車より保険料が高くなる可能性もありますが、自賠責保険や自動車税は低い設定になっています。

 

走行距離や事故経歴の有無によっても保険料は異なるので、自動車保険の保険料額を決めるのは車両のちがいや用途のちがいだけではないということです。

 

自動車保険 商用車

 

商用車の自動車保険関連ページ

軽自動車の自動車保険 
今や日本では抜群の人気である軽自動車。ワゴンR・タント・Nワン・NBOX・ムーヴなど人気車種がたくさんあります。軽自動車の自動車保険は事故率の低さから安くなる場合が多いです。
高級車の自動車保険
高級車の自動車保険という特別なカテゴリーはありません。任意保険の料金は主に年齢や等級や各社の特化したポイントによるもので差がつきます。
輸入車の自動車保険 
自動車保険は輸入車だからと言って自動車保険料が高くなるわけではありません。