自動車保険一括見積もり

自動車保険 評判

MENU

自動車保険についてのページです

自動車保険は、強制保険と任意保険にわかれています。

 

強制保険は自賠責保険であり車を登録すると強制的に入るようになっています。

 

一方任意保険は、その字の如く任意で入る保険であります。しかしほとんどの人が加入しています。
任意保険に入らずに車を運転するのはかなりリスクが高いのです。

 

その任意保険も代理店型と通販型に分かれています。

 

代理店型は従来型の自動車保険で、通販型はダイレクト自動車保険と言われる損保会社と直接契約を結ぶ形
となります。

 

自動車保険について記事一覧

20歳未満の未成年でも自動車保険に加入することはできますが、親権者や法定代理人の同意が必要で、かえって面倒なため、保護者が契約者となるケースがほとんどです。未成年者が所有する車であっても、実際にお金を出して購入するのは親である場合が多いので、自動車保険の契約者も親になることが通常ということでしょう。親の車を運転するという場合には、すでに加入している自動車保険の年齢制限を低くする等、条件の見なおしが...

女性をねらった犯罪が増え、ひき逃げ、通り魔、ストーカー等による被害リスクを補償する女性向けの傷害保険は、数年前に発売が開始されて以来、どの保険会社も次々と新商品を出しています。特に増加傾向にあるのが、海外旅行先でのトラブルに対応する内容を充実させた保険です。同様、自動車保険の女性ドライバー向け商品も増えているようです。交通事故により負傷した場合だけでなく、歩いていて車と接触してケガを負った場合にも...

自動車保険には2種類あります。@「強制保険」自賠責保険(通称ジバイセキ)、正式には「自動車損害賠償責任保険」法律で加入が義務付けられています。被害者の救済を目的とした保険のため、死亡でも3000万円までの給付です。加害者の怪我や死亡、壊れた自動車に対しての保証はありません。A「任意保険」法律による強制加入ではありませんが、強制保険だけでは、カバーしきれない部分を保証する保険が必要ということで、ほと...

自動車保険には、等級というクラス分けが存在しています。これは何かというと、契約者(運転者)が今まで保険を使っているかいないか、もっというと保険料の割引率を表しているといっても過言ではありません。自動車保険というのは、一度使うと、等級が下がってしまいます。逆に、前の年が無事故で保険を使っていないのであれば、等級が上がっていきます。等級が上がると、保険料の割引率が大きくなっていきます。新規で契約すると...

車を運転している人であれば、事故を起こしたり、巻き込まれたりする可能性が大きいものです。事故を起こしても、自腹で全額費用を負担できる経済力があれば、保険に加入する必要がないのかもしれませんが、極々一般的な家庭であれば、そのような経済力はありません。そこで、もし万が一のときに備えて加入するのが自動車保険になります。ということで、加入もしくは更新するときこそが保険内容の見直すチャンスなのです。必要だと...

自動車保険のテレビコマーシャルを見るたびに、自分の保険を見なおさなければと思います。40代50代をターゲットにしたプランや女性向けプラン等、対象者を限定した新しいタイプの自動車保険が次々と登場しているようです。また、ネット通販型の自動車保険の割安感も気になります。もし、現行の保険会社から他社に乗り換えるなら、どのタイミングがよいのでしょうか。もし、ネット通販型に乗り換えるなら、注意しなければならな...

皆さんは、自動車保険を選ばれる際、どういった基準に基づいて選ばれているでしょう。人それぞれに決め手となる条件などは違いますが、一般的には、保険料の安さや保険内容の充実さ、或いは、ロードサービスの有無などを基準に選ばれている方が大半だと言って過言では無いようです。自動車保険は、万が一のトラブルに未然に対応する事が出来る保険という商品です。しっかりとした保証を得るためには、それなりの金額を支払う必要が...

自動車保険を契約する場合、従来までは、自動車販売会社など、保険会社との代理店契約を結んだ店舗など、実店舗での契約がほぼ必須となってきました。ですが、インターネットの普及と共に登場したサービスの一つが、自動車保険のオンライン契約です。自動車保険会社が専用のサイトを構築し、そこを利用する事によって、煩わしい手続きを全て省く形で、オンラインで24時間契約する事が出来る画期的なシステムを開始しました。そう...

自動車保険の加入や変更を検討されている方が多く利用されるサービスの一つが、自動車保険の見積もりです。特に、最近ではインターネットを使った、各保険会社販売の様々な自動車保険を、単一の補償条件を一度提示するだけで比較検討することの出来る、一発見積もりというサービスが、その手軽さから大きな人気を集めています。現在では、このような一括見積もりのサービスを提供する企業も増加しており、各社が様々な競争を行って...

万が一の事故やトラブルの際に役立つのが、保険という商品です。特に、自動車にまつわる事故などの場合、非常に多額の補償金や修繕費などが必要となる場合が多々ある為、自動車保険はほぼ必須アイテムの一つと言って良いでしょう。実際に自動車保険に加入されている方が、万が一、接触事故や自損事故などを起こしてしまった場合、保険会社側はどのような対応をしてくれるのでしょう。保険会社毎に細かい部分での対応の違いはありま...

自動車保険と言えば、事故を起こした際の補償を初め、車両盗難や自損事故を起こした際の、保険金による被害額の充当などが一般的な内容として認識されてきました。ところが、最近ではダイレクト型自動車保険のように、主に外資系保険会社の参入によって、自動車保険のサービス内容にも大きな変化が訪れました。それが、自動車保険のロードサービスです。ロードサービスとは、いわゆる自動車にまつわる様々なトラブルに対して、それ...

自動車を持つ方にとって、万が一の際の備えとしても非常に有効な商品の一つが、自動車保険です。この自動車保険という保険商品には、大きく分けて二つの種類が存在しています。一つが、代理店型の自動車保険とよばれるもの、そしてもう1つが、ダイレクト型自動車保険と呼ばれる物です。前者の代理店型については、従来から利用されてきた一般的な自動車保険のことを指し、後者のダイレクト型自動車保険という商品は、ここ十数年ほ...

自動車保険は今やたくさんの保険があり、非常に選ぶのも迷ってしまうほどです。ではどのようにして自動車保険の比較を行っていけばいいのでしょうか。やはり、比較する際には自動車保険の内容や特約、それに伴う料金を中心にして比較して行くべきでしょう。また、もしも比較している最中に分らない語句に出会ってしまったらすぐに調べてしまうべきでしょう。もしも、その語句を誤って理解してしまったら実際の交通事故の際に保険の...

実はここ最近自動車保険を提供している会社がほとんど、自動車保険料の値上げを行ったという事をご存知でしょうか。そうです、自動車保険の料金が値上げされてしまったのです。ここ最近の自動車保険の値上げ率は大体、年間で1%から2%程と言われています。どうして値上げが実施されたのかというと、これは、まず若者世代を中心として自動車に乗らなくなってしまった事が挙げられます。そのため、ドライバーの数自体が少なくなっ...

自分の車が盗まれる。と聞いてもいまいちピンとこない方も多いことでしょう。しかし、現在日本において自動車窃盗は珍しいことではありません。朝起きたら駐車場に車がない!なんてことも、決して他人事ではありませんよ。ターゲットになるのは高級車だから大丈夫?いいえ、日本の国産車の性能は世界でもトップクラス。海外に渡れば、日本の車も外車になるということをお忘れなく。あなたが思っている以上に、あなたの車の市場価値...

免許は持っているが自家用車を保有していないという方は多いと思います。その場合、車を運転する機会はレンタカー以外に友人の車を借りるというケースが多いのではないでしょうか?しかしそんな機会はごく希。そのためだけに自動車保険に加入しておくのは不経済ですよね。実は自動車保険には、こうしたケースにも対応できる制度が用意されています。まずは車の保有者の保険を利用する方法です。家族のみ対象の保険を、一時的に全運...

自動車保険には、免責というものがあります。これは、保険会社目線から「責任を免れる」事由について記載したもので、加入時に良く確認しておくべきポイントです。どの保険の免責にも記されている事由としては、飲酒運転、無免許運転、故意に事故を起こした場合には保険は適応されないということ。道路交通法違反は100%ドライバーの責任ですし、故意の事故で補償を支払っていては自ら事故を起こすドライバーが後を絶たないこと...

自動車保険には等級制度があり、これが加入者の運転実績と事故リスクを測る目安となって保険料が割引されるシステムになっています。1年間無事故であれば次回の更新の際に等級がひとつ上がるといった具合に、優良ドライバーであれば加入年数に応じて保険料が安くなっていきます。自動車保険を乗り換えた際、この等級は新しい保険に引き継ぐことができます。自動的に引き継ぎが行われるのが一般的ですが、保険会社によって引き継ぎ...

1997年に自動車保険の自由化が行われてからというもの、これまで大差なかった補償プランや保険料も大きく変わってきました。その火付け役とも言えるのが、新たに参入した外資系保険会社の台頭です。外資系保険会社の強みは、徹底したコスト削減による圧倒的な保険料の安さにあります。これまで自動車保険は、代理店に直接出向き担当者を通じて手続きを行うことが一般的でした。ところが外資系企業は、この代理店を廃止。お客様...

自賠責保険は、加入することが国で義務付けられた保険ですから、自身の都合で解約することはできません。解約可能なタイミングも、国が設定しています。しかし、任意保険はライフスタイルに合わせて自由に組み換え、解約することができます。ドライバーが増えたもしくは減った、運転頻度が変わった、保険の見直しを行い別の保険に加入したなど、自身の運転事情が変われば必要な補償も変わってくるので当然ですね。任意保険の解約手...

自動車保険は以前は同一の条件であれば一律の補償、一律の保険料金でしたが自由化に伴いさまざまな条件によって保険料金に差を付けることが出来るようになってきました。保険業法では、年齢・性別・運転歴・営業用、自家用その他の自動車の使用目的・年間走行距離やその他の自動車の使用状況・地域・自動車の種別・自動車の安全装置の有無・自動車の所有台数という9つの項目について保険料の差を付けることを認められています。こ...

自動車保険は大きく分けると被害者の救済のための補償と自分や搭乗者の為の補償の二つに分けることが出来ます。自分や搭乗者の為の補償の中でも、人身に関する補償と車両に関する補償に分けることが出来ますが、車両保険はこの車両に関する補償になります。例えば、交通事故を起こしてしまった場合で被害者が怪我を負ったり死亡してしまった場合には自賠責保険や任意保険の対人補償によって損害賠償金を補償します。もし被害者が車...

自動車保険は以前は一律のサービスでしたが、自由化によってさまざまな特約サービスが付帯できるようになりました。代表的な特約としては運転者家族限定特約がまずあげられます。自動車は一家に複数台あるという家も増えてきていますが、一家に1台という家庭も少なくはありません。1台の自動車を家族で乗るという場合、この家族限定特約を付帯することで主たる記名被保険者以外の家族が運転した時でも補償を受けることが出来る特...

自動車事故を起こしてしまったり自動車事故に巻き込まれてしまった場合には、当事者同士が話し合いをして損害賠償の金額や支払い方法などを話し合う交通事故の解決方法のことを言います。加害者は被害者に対して損害賠償金を支払うことを約束し、実際にその金額を被害者に対して支払うという契約になります。本来であれば当事者間で行われますが、自動車保険に加入している場合には自動車保険会社が示談を行うことになります。加害...

自動車保険に加入する際、契約決定の決め手となるのは、自分が納得できる補償内容と保険料です。保険内容にはさまざまな事項が含まれており、具体的に現金の支払いを伴う補償のほかに、サービスの範囲となることもたくさんあります。特典の詳細はなかなか比較しにくいですが、自分のライフスタイルにフィットするサービスが受けられればベストです。自動車保険の特典とはいえ、自動車に関係することばかりではありません。たとえば...